合う味ダイエットと
従来のダイエットって何が違うの?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

みなさま、こんにちは!

合う味ダイエット®FSEMトレーナーの
庄島義博です。

 

書籍が発売れてから、
いろんな方からお祝いの言葉をいただいたり、
ご購入していただいた連絡をいただいたり、

その反響の大きさにびっくりしています!

 

で、そんな中ある質問をいただきました。

 

どんな質問かというと、

「合う味ダイエットは従来のダイエットと何が違うの?」

っていうことでした。

 

そこで、同じようなことを思っている方も

多いのかなって思ったので、

今日はそんなことについて書いてみたいと思います。

 

結局のところ、正しいダイエットって何?

「レコーディング・ダイエット」、「朝バナナダイエット」、「ビリーズブートキャンプ」、
「ロングブレスダイエット」、「体幹トレーニング」、「糖質制限ダイエット」

などなど……。

 

書店やインターネットで調べると、
ダイエット情報がたくさん出てきますよね

 

 

ダイエットに関する食事についても

1日2食が良い!

1日5食が良い!

食べるほど痩せるご飯!

断食が良い!

炭水化物抜きが良い!

酵素、発酵食品が良い!

バランス良い食事が良い!

サプリメントが良い!

・・・etc

 

 

で、つまり思うところ、

「で、正しいのは結局どれやねん!」

 

36916

 

 

あなたも、

関西弁でツッコミを入れた経験があるかもしれませんね。

(PCを殴ってはダメです^^;)

 

「味覚」がダイエットに関係する!?

指示通りやっている人がうまくいく訳ではない

僕は、たくさんあるダイエットの方法論、

どれも正しくて、

どれも間違っていると

思っています。

 

どの方法であれ、

うまくいく人もいれば、
うまくいかない人もいる

 からです。

 

そりゃそうだろ!というツッコミを受け入れつつ、

僕はこの言葉の意味を完全に履き違えていました。

 

同じ方法をとりいれて、

うまくいく人とそうじゃない人の違い

指示通りにやっているかどうか?違いだと思い、指導していました。

が、違ったんです。

 

 この違い、うまくいく方法か

そうじゃないか?は、

人による差、個体差だったのです。

 

そこにポイントになるが「味」だったんです。

 

 

柔道の減量がきっかけ

 

それに気づいたのは、

僕自身が柔道をやっていたときのことでした。

 

 

柔道は減量競技です。

 

試合前のたびに過酷な減量をしないといけないんです。

(思い出したくないくらいしんどかったなー)

 

大変な時は10キロ以上も落とさないといけない時もあって、

水一滴飲むのも気にしてしまうほど辛い時期でした。

 

そんなつらい減量をして、万全の状態でいざ試合に臨んでも負けてしまう。

逆に簡単に勝ってしまう時もある。

 

その時に、気づいたことがありました。

 

毎回同じ状態で畳にあがるのに、

試合中に力が入るときと入らないときがある。

ということでした。

 

この違いは何なんだ???

 

って、

ずっと気になっていたんです。

 

で、あるときにもしやってことを見つけちゃったんです。

栄養ではなく「味」だってことを。

 

 

同じ酸っぱいレモンなのに

 

 

減量時期は、だいたいどんなものを食べるかは決めています。

(僕の場合ですが、他の選手は違うかもしれませんよ)

 

同じものを食べて、同じように食べているから

栄養素的なことは考えにくいなって。

栄養素が違うなば、何が違うんだって悩んでいた時、

ある試合でとうとう気づいちゃいました!

 

 

当時、試合前によく酸っぱいレモンを食べていたんです。

習慣というか験担ぎというか、何となく。

 

でも、ある時酸っぱいレモンではなく、

レモンのはちみつ漬けを食べて試合に出たんです。

 

すると、

いつもと違って身体が重く感じて、

何だか力も入らない感じで。

 

 

結果、その試合はいとも簡単に負けちゃいました。

(まぁ、もともとそんな大した実力もあるわけじゃないですが^^;)

 

 

「これはもしや!」って思って

いろんなことを僕自身で試してみたら、

 

 

僕の場合は、

試合前にレモンなどの酸味を食べておくと力が入るし、疲れにくい。

 

しかし、

試合前にはちみつ漬け(ただ甘味がプラス)になると体が重くなり、

力が入らないってことがわかってきたんです。

 

 

こうして、

僕に合う味、合わない味があるということがわかってからは、

体重のコントロールがしやすくなり、試合でも勝てるようになりました。

 

でも、実はこのとき、

まだ味がポイントということに気づいていなくて、

レモンが良いんだって思ってんだですよね

 

 

レモンではなく、味だった。

しかし、ここに大きな落とし穴があったのです。

 

 

トレーナーとしてクライアントさんを指導するときに、

レモンをすすめたところ、

同じようにやせて調子が良くなる人もいれば、

太り始めた人もいたのです。

 

 

そこでようやく、

栄養でもない、特別何かを食べるのではなくて、

人それぞれに合う味があるのだ、

と気がつきました。

 

 

合う味ダイエットは何が違う?

 

ダイエット 成功 秘訣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は「味」で変わることができるって気づいてから

たくさんのクラアイアントさんに試していただきました。

 

トレーナー仲間にも試してもらいました。

 

ざっと3万人以上の人に試してもらって
一人ひとり反応が違うし、効果も実感してもらいました。

 

 

その3万人が口々にいう言葉があるんです。

 

「こんな簡単なことでいいんですか?」って。

 

 

合う味ダイエットは自分に合う味を見つけたら、

その味の食べ物や飲み物を積極的に 口にするようにするだけ。

 

何かを制限する。我慢する。

記録する。食べるものを限定する。

食べた分だけ動く。

 

自分をそこにある方法や規則、ルール、常識に合わせて

本来の自分じゃないことをしないといけなかったんです。

 

だけど、

合う味ダイエットは自分に合わせて

食べたり飲んだりするだけの

自分だけのダイエットです。

 

 

今まで

何か我慢するとか制限するとか頑張るとか

ストレスを感じてたダイエットとは違って

ストレスを感じないダイエットなんです。

 

 

4、まとめ

 

合う味ダイエットは、

自分に合う食べ物、
痩せやすい食べ物は、
皆、違う

という、ことを前提にしています。

 

 

で、この、

人によっての「個体差」

利用するから、

その人だけの食事法が見つかります。

 

一般的に言われるダイエットとの

最も違う点はここです。

 

 

ストレスを感じない自分を大切にした
自分だけのダイエット法だってこと。

 

 

だから、身体を変えようと思ったら、

自分に合う食べ物を探すことから

はじめて下さいね。

 

 

本日はここまでです。

 

 

 

次回もお楽しみに!

 

身体は心よりも素直です!
今日も本当の自分が求めるものを^^

 

大丈夫!きっとあなたは変われる!

 

痩せたいけど、好きなものは食べたい!わがまま女性のボディーラインが美しく変わるシルエットメイク365日メールクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加