コーヒーで未来が開けた!何をしてもダメだった原因不明の不調が改善!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

ジョギング、マラソンでダイエットをしようといるのに
なかなか結果が出ない。

逆に体調が悪くなってしまう人もいたりします。

 

そんな時は
水分補給用のドリンクが合っていないかもしれませんよ!

 

 

 

みなさん、こんにちは!

 

合う味ダイエット専門家の
庄島義博です。

 

 

 

どこのマラソン大会も
多くの市民ランナーの出場で賑わってますよね。

 

抽選でかなりの倍率になってしまう
大会も多いみたいで、盛り上がりも見せてますね。

 

ダイエットがキッカケが
本格的にマラソンにはまっている人も
多いと思います。

 

マラソン完走や自己ベスト更新、
そしてダイエット成功など
それぞれの目標に頑張っているのに
なかなか思うようにいかない時は
走っている時の飲み物が
起きく関係しているかもしれません。

 

 

今日は
完走や自己ベスト更新、ダイエット成功には
自分に合うも飲み物が大事ってことについて
お伝えしたいと思います。

 


1、ドリンクが結果を左右する?


lgf01a201401290800

マラソンブームも手伝って
簡単に始められるマラソンやジョギングを
始められる方は増えて来ましたね。

 

有酸素運動は脂肪の燃焼にも最適だし、
友人や家族、いろんな仲間と楽しくできるという
メリットもありますね。

 

でも、
中にはマラソン中に突然死や倒れてしまう方など
命を落とす危険な状況も起こっています。

 

みなさん、
この違いなんだと思いますか?

 

もし、マラソンをするなら
完走したり、自己ベスト更新したり、
ダイエットが成功するのと

 

逆に体調を崩したり、
命を落とす危険に遭うのだと
どちらがいいですか?

 

もちろん、良い結果を出す方がいいですよね??

 

そんな時に皆さんが飲むドリンクが
その結果に大きく関わっているとしたら
手にするものは大きく変わってしまうかもしれません。

 


2、何をしてもダメだった原因不明の不調が

2ー1、楽しいはずのマラソンなのに


44678

クライアントKさん(45歳女性)は、
旦那さんと一緒に走るマラソンが趣味。

 

しかし、距離に関係なく完走後には
気分が悪くなってしまい、もどしたり、
動けなくなったり、何も食べられない日が
続いたりしていました。

 

走る前の食事を変えてみたり、食べなかったり、
補給する水分を変えたり、医者から薬を処方してもたらったり、
心拍計をつけて、無理のない範囲(HR120~140)で走っても
改善は見られません。

 


2-2、ホットコーヒーで未来が開けた


77701

そんなKさんが
味覚チューニングを行ってみると、
抹茶(苦味)が合い、塩、砂糖は合っていない。

 

温度も低いもの、常温より温かいものがあっていました。

 

今までは、スポートドリンクを主に飲んでいたそうですが、
今回ハーフマラソンを走る前のドリンクには
ホットコーヒーをチョイス。

 

それ以外は、飲まず食わずをお願いしました。

 

 

結果、なんと自己新記録達成!!

 

 

しかも気分も悪くならず、ご本人も驚きの
”夕食も作って食べる”ことができたとのこと。

 

なにより、ご主人もメチャクチャ喜ばれたそうです。
(奥さんの体調が悪くなることから、
マラソンを辞めようかと思っていたのだとか)

 

合う味、合わない味、たったそれだけですが、
ひとつクライアントさんの未来が開けた瞬間に
立ち会えました。

 


3、まとめ


53973

いかがですか?

 

いろいろやってみても改善が見られなかったのに
ホットコーヒーに変えただけで
こんなにも変化しちゃうんですね。

 

驚きとしか言いようがないですね。

 

でも、
ここが大事なんです。

  

自分に合ったもので
変化しやすい状態にしてこそ
手にしたいものが手にできる。

 

何かやろうと決めた時には
ついつい難しいこと、
大変なことを求めがちですが、
シンプルなことが大切です。

 

 

ぜひ、
自分に合う飲み物を味方につけてください^^

 

 

 

今日の内容が
あなたのダイエットの参考に
なれば幸いです。