食べたい気持ちを隠さない!ダイエット中でも食べ過ぎない食べ方!!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

みなさん、こんにちは!

 

 

味覚変容ダイエット専門家の
庄島義博です。

 

 

楽しい時でも、悲しい時でも
苦しい時でも、イライラしている時でも

 

生きている限りは
どんな時でもお腹は減りますよね。

 

そんなお腹が空いている時、
ダイエット中だからって
このくらいの空腹感は我慢できるからと
ついつい我慢してませんか?

 

その我慢がダイエットの
うまくいかない原因もしれませんよ!

 

実はダイエット中でもお腹が空いた時は
食べたい気持ちを隠さずに食べた方が
実は良かったりします。

 

 

そこで今日は、
お腹が減った時にはダイエット中でも
食べたい気持ちを隠さずに食べて、
さらに食べ過ぎない食べ方について
お伝えします。

 


1、迷わず食べる!


39782

「あー、腹減ったー!」

 

とまでいかなくても、
なんとなく、何か食べたいな、、、

 

ってとき、
ありますよね^^

 

こんなときは、
迷わず食べることを
強くオススメします。

 

ここで、食べたい気持ちを我慢すると、
積み重なって、爆発してしまうからです。

 


2、どか食いしないための大事なポイント


e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

そんな食べたい気持ちを我慢して、
爆発してしまわないように
どか食いしないための大事なポイント。

 

なんか食べたいかも?
と思った時には、

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

1、食べる
(なるべく頭に浮かんだものを食べる)

 

2、満たされたらSTOP
(満足=満腹ではない)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

食べたい気持ちを隠さないほうが
ダイエットは上手くいきます。

 

頭に浮かんだものを食べることはできるけど、
満たされたらSTOPって難しいよって方に
1つコツをお伝えしますね。

 

それは、
ゆっくり少しずつ食べることです。

 

どか食いすると、
満たされたではなくて、
満腹になってしまいますからね。

 


3、まとめ


 

いかがですか?

 

ポイントは、前述した2ポイント。

 

とくに「2」の
満たされたらSTOP
この部分が重要です。

 

一個、一袋、一食、ではなく、
一口単位で身体に問いかけてください。

 

43224 

身体が「もういいよ」と言っていたら、
もう十分。

 

次に食べたくなるまで、
楽しみに待っていてください。

 

食べたい気持ちを押さえ込み、
爆発(どか食い)するのを
ストレスとともに待つより、

 

食べたい気持ちが芽生えたら、
パクッと一口。

 

 

これ覚えておいてくださいね。

 

 

 

今日の内容が
あなたのダイエットの参考に
なれば幸いです。