食べたいは我慢ではどうにもならない!ストレス食いせずにダイエット!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

みなさん、こんにちは!

 

味覚変容ダイエット専門家の
庄島義博です。

 

今日は、
無性に食べたい衝動に襲われやすい人が
少量で満足って感じるほど食べたい衝動を
感じなくなった方法を事例を交えて
お伝えしたいと思います。

 

 

ご紹介する事例は
激戦区横浜に美脚サロン「エイジレスボディ」をオープンさせ、

”魅力的な脚のラインづくり”にこだわった
魅脚専門プロトレーナーとして
活動していらっしゃる嶋田夕子さんが、

 

味覚変容ダイエット®を実際に取り入れている
クライアントの変化を教えてくださいました。

 

 

嶋田さん、ありがとうございます^^

嶋田さんのHPはこちら
http://ameblo.jp/agelessbody/

 


1、無性に食べたいから、少量で満足!

1-1、味覚変容ダイエットを取り入れる前


 

嶋田夕子さんのクライアントNさんは、
味覚チューニングの結果苦味が合って、
甘味が合わないという女性。

 

そんなNさんは
ストレスがたまると甘いもの、
特に「生クリームが食べたい!」と思っていたそうです。

dc42fc513cddf6ea0ac2739c17c3a614_s

 

でも、「生クリームは甘い脂肪分の塊。食べたら太る!」
自分に言い聞かせて食べたいと思ってもひたすら我慢をして、
代わりに和菓子やカロリーの低いものを食べていた様なんです。

 


1-2、味覚変容ダイエットを取れた結果


 

そんなNさんが味覚変容ダイエット®を取り入れ始めてから、
今では生クリームが無性に食べたくなって、
思い切って生クリームを食べても2~3口食べるともう十分。

 

これ以上は気持ち悪くて無理。。。

 

とほんの少量で満足できるようになって
ストレスを感じていることを
受け入れることができるようになって、

さらにストレスで崩れていた体調が
徐々に良くなってきたそうです。

 


2、ストレスで体調を崩す

2-1、感度が高いからこそ


 

もともとNさんは
アロマお仕事をしていたそうで嗅覚は鋭く、
目を閉じて嗅いでもらったミルクジャムの
焦げの匂いを感じるほど
その感覚の鋭さは群を抜いて高い方だったようです。

 


2-2、ストレスで体調を崩す


2713621d58b96c93307555683afb69ab_s

しかし、更年期にさしかかりご自身の変化に加え、
息子さんの留学、娘さんの受験勉強、親戚のご不幸、
などなどストレスがかかって、
かなりストレスレベルが高い状態になってしまい、
体調を崩れてしまったそうです。

 

そんな状態ですので、
合うはずの抹茶の味を相当濃くしても味を感じられない。
アスコルビン酸の酸っぱさも全く感じなくなるほど、
感度が鈍っていたんです。

 


3、Nさんの変化

3-1、葛藤


 

味覚変容ダイエットを取り入れは始めた頃は、

今までの自分の判断基準を変えることは
なかなか難しかった
そうで

「生クリーム食べたい!いやいや待てよ。
生クリームはやっぱダメでしょ」

と、葛藤していたそうです。

 


3-2、素直に体の声を


3d39c1bf2868ad13507df0297a0892a6_s

 

でも、徐々に身体の変化に気付けるようになって

今では体がサインを出していることは
頭では理解できるようになり、

体の声に素直に耳を傾けることが
できるようになったそうです。

 


4、まとめ


 

いかがでしたか?

 

無性に食べたいって思う衝動には
ちゃんと理由があります。

 

Nさんのようにストレスが
その衝動の大きい原因の一つなんです。

 

ダイエットの天敵でもあるストレスを
ストレスだと感じないようにすることで
「食べたい!」「どか食いしたい!」
という衝動を少量で満足するようにできちゃうんです。

 

ストレスをストレスだと感じないようにする!

 

これってとても重要です。

 

 

あなたのダイエットの参考に
なれば幸いです。

 

痩せたいけど、好きなものは食べたい!わがまま女性のボディーラインが美しく変わるシルエットメイク365日メールクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事