ダイエットの新常識!ムクミも体重増加の原因は塩分ではなかった!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

みなさん、こんにちは!

 

 

味覚変容ダイエット専門家の
庄島義博です。

 

 

 

塩分の摂りすぎは
血圧が上がるとか、むくみの原因だとか
体に良くないって言われてますよね。

 

かたや、
熱中症の注意喚起が毎日ように聞こえる
この時期には水分補給と同じくらい
塩分を摂りましょうっていう声も良く聞きます。

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

さて、どっちなの?って、
ついついツッコミを入れたくなります。
(僕だけでしょうか?笑)

 

 

塩分って
身体にとって大切なものでもあるし、
摂りすぎてしまえば、逆の効果もあるってことです。

 

でも、それは
人それぞれ違うし、

 

同じ人でも
その時の状況、状態によっても
違うってこと。

 

 

個体差、体質の違いがあるからなんです。

 

 

だからこそ、常識にとらわれずに
自分の身体の声を
ちゃんと聞いてほしいなって思います。

 

今日は、
塩分を摂ることで、浮腫むことなく、
健康的に身体が引き締まり、
さらに体温まで上がったという事例を
お伝えしたいと思います。

 


1、バレエの先生からのシェア


 

予約の取れない
横浜美脚専門ピラティスサロン
<エイジレスボディ>
のオーナー。

 

味覚変容ダイエットトレーナー
”嶋田夕子”さんが

49988

東京開催の
シルエットメイク講座に参加した
函館バレエの先生からのシェアを、
教えてくれました^^

 


2、塩分が合う彼女


 

 

シルエットメイク講座に参加後、
すぐにバレエ教室に来る中学生に
味覚チューニングを試してみたそうです。

 

ある生徒は小学生のころから、
ムクミがあるからと大好きな塩辛や
漬物を母親に止めれていました。

 

でも、味覚チューニングを試したところ
彼女が合うのは、なんと塩味

65155

そこで、
塩を取るようにしたのです。

 


3、常識にとらわれてはいけない

3-1、健康的になった


 

すると、塩をとるようになってから
体温が35度台から36度前半 上がって

 

みるみる身体が引き締まって
きたそうです。

 

さらにそれまでは、
夜なかなか寝付けなかったのが
眠れるようになり、
汗をかくと冷えて寒くなっていたのが、

 

汗をかいても寒くなくなり
温かくなったそうです。

 

白かった顔色も赤みが差し
健康的な顔色になってきたとのこと。

 


3-2、塩はムクミの原因じゃない!


 

母親は塩がムクミの原因
思っていたので、

 

当初は内緒で塩をとっていましたが、
部屋で食べてるのを
見つかってしまったそうです。
(理解してもらってやりましょうね^^)

 

しかし、
健康的に引き締まってきている
(↑これ、すごく大事です)

 

事実があるので理解を示して
くれているそうです^^

49992

親子であっても体質はそれぞれ違う。
常識に縛られてはいけないと
改めて思わされる出来事でした。

 


4、まとめ


 

いかがでしたか?

 

全ての人が、塩で同じような結果が
出るわけではありません。

 

ここまで読んできていただいている
みなさんには
理解していただけると思います。

 

でも、今、世に言われている常識に縛られて
苦しい思いをしている人が大勢います。

 

でも、今回のように、
味覚チューニングや味覚変容ダイエットで、
楽にできる可能性もあると感じています。

 

ほんの少しでも、
その可能性を高められるよう
楽にするものになるよう、

 

僕は仲間と一緒に、ドンドン進化させて
いきますので、期待していてくださいね。

 

 

今日の内容が
あなたのダイエットの参考に
なれば幸いです。

 

 

 

 

痩せたいけど、好きなものは食べたい!わがまま女性のボディーラインが美しく変わるシルエットメイク365日メールクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事