ストレスなく、食べながらダイエットしたい!ダイエット力が高い人は〇〇美人

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

みなさん、こんにちは!

 

味覚変容ダイエット®の
庄島義博です。

 

せっかく食べるなら、
美味しいものを、好きなものを食べたいですよね?

 

いくら美味しいものを食べても
味を感じる機能がうまく働いていなかったら
美味しく感じることもできないですし、
満足もできないんです。

 

ストレスなく、食べたいものを食べながら
ダイエットしていくには
やっぱり、美味しく食べることって
大切です。

5e1db7c73cbf0dca6b0d004ed254f259_s 

 

今日は、美味しいものを美味しく食べるために
必要なことお伝えします。

 


1、味を感じているのは、「脳」!


 

美味しいものを食べて
「美味しい」って感じる感覚を味覚と言います。
その味覚を担っているのが、
「舌」です。

 

だから、
味を感じるのは『舌』
と思っている方も多いと思いますが、

もう少し詳しく言うと、
味を感じているのは『脳』です。

 

 


2、痩せるのに大切な味の通り道


 

舌で感じた刺激が脳に伝わって、
私たちは味を感じます。

 

その際(舌→脳)の通り道が、
うなじの奥の方にあります。

41764 

 

その通り道の大きさ、
どれくらいだと思いますか?

 

よく、「オッケー!」とか言いながら
人差し指と親指で
輪っかを作ったりしますよね。

(することにしてください 笑)

 

大体、通り道の大きさは
そんなものです。

 


3、味を感じにくいと痩せにくい


 

猫背になったり、パソコン姿勢や
スマホ姿勢の人
は、

うなじがスッと伸びていないので、
この通り道が細くなってしまうのです。

 

すると、なんと味を感じにくく
なります。

 

で、食べ過ぎて
痩せにくくなっていくのです。

 


4、本日のまとめ


 

味覚が敏感な人、
一流のソムリエの方達に
猫背はいないのも頷けますよね^^

 

というわけで、
今日からうなじをスッと伸ばして
食事してみて下さいね。

 

うなじ美人は

味覚美人

 

 

あなたのダイエットの参考に
なれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

痩せたいけど、好きなものは食べたい!わがまま女性のボディーラインが美しく変わるシルエットメイク365日メールクラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事